· 

東京医科歯科大学口腔外科セミナーに参加しました!

 2019年9月29日(日)に東京医科歯科大学で行われた口腔外科セミナー「スムーズな小手術 ーTMDU口腔外科のスタンダードを学ぶー 講師:原田浩之教授」に参加しました。歯科は抜歯術を基本とし、歯肉を切開剥離したり骨を削ったりと日常的に小手術が行われています。患者さんにより侵襲の少ない処置を行うためには外科手技の基本が大切だと考えていますので、原点に立ち返り今回は外科の基本について学んできました。

 

 当然ですがまずは口腔の解剖です。神経麻痺や異常出血といったことを避けるためには必要不可欠な知識です。的確に麻酔を効かせるためにも骨の形態や形状を知っておく必要があります。その後、普通抜歯から難抜歯までを講師の先生方に確認してもらいながら実際に模型上で行いました。自分の癖を知り改善することができました。粘液嚢胞摘出や小帯切除術、歯の再植・移植、歯根端切除術などの術式も確認できました。

 

 近年注目されている抗菌薬の適正使用に関しても確認することができました。当院ではペニシリン系のサワシリンという抗菌薬を第一選択薬としていますが、ペニシリンアレルギーなどがある方はペネム系のファロム等を処方するようにしています。

 

 今回のセミナーを通して、基本手技の繰り返しのトレーニングと最新の知見を常に吸収することの重要性を改めて感じました。今後もより良い歯科医療を地域の皆様に提供できるよう研鑽を積んでいきたいと思います。