· 

東京医科歯科大学CRセミナーに参加しました!

 2019年9月1日(日)に東京医科歯科大学で行われたコンポジットレジンセミナー「臼歯CRのアート&イマジネーション」に参加しました。コンポジットレジンは保険診療でも使われる白い樹脂のことです。今回のセミナーでは最新のう蝕治療に関する知識をアップデートしました。虫歯の除去からCRの接着研磨まで。以前デンタルカリエスで学んだ知識をより実践的な形にできたと感じます。

 

 感染歯質(=虫歯)除去時のVAS値(=自身が感じる痛み)よりも浸潤麻酔時のVAS値が大きいため、適切なう蝕除去には多くのケースで浸潤麻酔が不要なことを確認しました。しかし若年者等の急性う蝕のように風をかけてしみてしまうケースでは、象牙質の構造である象牙細管という管が封鎖されていないため麻酔が必要なこともあります。

 

 適切に虫歯を取った後、歯を修復し形を直す処置を行います。確かに大きく歯がかけてしまったケースは金属やセラミックスの詰め物や被せ物が必要です。しかし、現在は接着の技術とコンポジットレジンの機械的な性質が向上し、以前では難しいと考えられていたケースも修復可能となっています。

 

 当院では適切な形態が付与できるケースではコンポジットレジンでの修復を行っています。特に歯と金属の詰め物の隙間から再び虫歯になってしまってケースや過去に詰めたコンポジットレジンが変色したりフロスが引っかかるようなケースでは可能な限り審美的にコンポジットレジン修復を行うように努めています。気になることがありましたらお気軽にご相談してください。宜しくお願いします。