· 

無歯顎症例のインプラントセミナーに参加しました@大阪

  2018年7月29日(日)に大阪の中之島セントラルタワーで行われたストローマン社主催のインプラントセミナーに参加してきました。

 

 本セミナーでは、無歯顎(総入れ歯)の患者さんへの治療法の一つであるインプラントオーバーデンチャー(IOD)について、その科学的根拠から実際の臨床応用まで広く解説していただきました。インプラントオーバーデンチャーとは、複数本のインプラントと入れ歯を組み合わせた治療法のことで、特に下の総入れ歯が動いてよく噛めないとお困りの方への治療法として、有効であると考えられています。

 

 インプラントオーバーデンチャーの特徴は、少ない本数のインプラントで、安定した咬み合わせを目指すことができる点です。例えば下の歯が全てない場合では、1〜4本程度のインプラントを用いることで、総入れ歯を安定させ、生活の質を高めることができると考えられます。

 

 当院でインプラント治療を行う際にまず考えるのは、「なぜその歯を失いインプラント治療をするに至ったのか?」というそもそもの原因です。「この原因を治療した上で、咬み合わせや清掃性を考慮したインプラント治療を行う。」これがインプラントを長期に安定させ、健康的なお口を維持するために大切なことであると考えています。

 

 美味しくお食事をとり、笑顔で笑って、会話を楽しむ。治療の方法は様々あります。まずは皆様にあった歯科医療をご提案しますのでお気軽にご相談ください。