矯正歯科

矯正治療の目的

  • 美しい歯並びと正しい咬み合わせにすること
  • 笑顔、発音および咀嚼機能を回復すること
  • 効果的に予防ができる歯並びにすること

 

 

 矯正治療では、正しい歯並びと咬み合わせに治すことで、見た目に美しいでけでなく、発音や咀嚼等の機能まで回復します。また美しい歯並びは、無理なく歯ブラシができるようになり、より効果的な予防を実践できるといったメリットもあります。

お子様の矯正治療

 お子さまの矯正治療では、3〜10歳で行うⅠ期矯正として「プレオルソ」を採用しています。プレオルソとは、マウスピース型の矯正装置を用いてお口の筋力トレーニングをすることで、歯並びと咬み合わせを治すことに加え、正しい舌の使い方、さらに口呼吸から鼻呼吸を促すことにより、お子さまを健康に導く矯正治療です。プレオルソだけでは難しい症例に対しては、本格矯正でも使用するマルチブラケット装置や急速拡大装置であるポーター拡大装置、リンガルアーチ等を組み合わせて治療を進めていきます。

 適切なタイミングでⅠ期矯正を行うためには、普段から予防とともに顎の成長を観察する必要があります。当院では、虫歯や歯肉炎の予防だけでなく、顎の成長および乳歯から永久歯への生え変わりも含めて定期検診にてチェックし、必要があれば適切な時期に矯正治療や乳歯の抜歯等についてご提案いたします。

 

 

2018 9/23:ブログ『プレオルソアドバンス矯正実習セミナー

 

成人の矯正治療

 成人の矯正治療(Ⅱ期矯正)では、見えないマウスピース矯正である「アソアライナー」および「インビザライン」を採用しています。マウスピース矯正は、取り外し可能な装置のため虫歯のリスクを高めることなく、さらに透明で薄型の矯正装置なので審美性を損なうこともなく矯正治療が可能です。特にインビザラインはその技術の進歩は目覚ましく、適応も広く現在様々な症例に応用されています。よく質問をお受けしますが、矯正治療は何歳からでも可能です。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。検診から歯並びを含めて全体的にチェックしていきます。より良い笑顔とお口の健康を得ませんか?

 すでに矯正治療を終えた方で、その後の戻りが気になる方も是非ご相談ください。咬合や口腔習癖等の観点から後戻りの原因が何かを診断した上で適切な治療方法をご説明させていただきます。

 

 ※アソアライナーおよびインビザラインの治療には適応症があります。全てのケースが適応ではありません。

 ※顎骨の位置関係の不正や歯の移動量が極端に大きい場合等は大学病院の矯正科等をご紹介する場合もあります。

 ※インビザラインに関する詳細は下記の公式HPおよびブログをご参照ください。

 

 またマウスピース矯正を使った全顎矯正だけでなく、一部の歯を正しい位置に動かす部分矯正(MTM:Minor tooth movement)も行っています。何かしらの原因で歯が不適切な位置に移動してしまい被せ物やブリッジ、インプラント治療等が難しい場合に、マルチブラケット装置やインプラントアンカーを使用した部分矯正を行うことで、より適切な咬合を作ることができます。歯ならびや咬み合わせに不安がある方はまずはご相談いただければと思います。

 

 

2020/02/16:ブログ『この春インビザライン導入